【よく聞くけどよく分からんあいつ】キーって?ハ長調って?

お役立ち

皆さん、音楽で良く出てくるキーハ長調Cメジャーという言葉の意味説明できますか?実はハ長調やCメジャーはキーというものの一つで、ハ長調もCメジャーも全く同じキーを指します。

音楽の先生やアーティストの口からたまに聞く言葉ではありますが、適当に聞き流してしまっている人が多いのではないでしょうか?

かく言う筆者も少し前まで同じだったのですが、少し勉強して分かるようになったので、備忘録も兼ねて共有しておきたいと思います!

知らなくても困るようなことではありませんが、これを知って音楽がより楽しくなったり、雑学が増えたりしたので、ぜひお読みください。

音の名前

まず大前提として音の名前を知っておかなければなりません。

流石にそのくらい知ってるよ!なめるな!と怒られてしまいそうですが、「ドレミファソラシド」以外の呼び方もご存知でしょうか?

「ドレミファソラシド」という呼び方は実はイタリア式の呼び方であって、これを日本特有の呼び方では、同じ順番で、「ハニホヘトイロハ」となります。
注意しなければならないのは、「ド」が「イ」ではなく「ハ」であるということです。
勘のいい方はお気づきかもしれませんが、これが後に「ハ長調」の「ハ」につながっていくわけです。

同様に、アメリカやイギリスでは「CDEFGABC」と呼びます。こちらも「ド」が「A」ではなく「C」であることに注意が必要です。
そして、この流れからしてこの「C」が「Cメジャー」なるものにつながっていくのです。

あともう一つ注意しておきたいのが半音の存在です。

こちらの鍵盤の写真を見てください。

白い鍵盤と黒い鍵盤があるのが分かると思います。

この黒い鍵盤と白い鍵盤の間、もしくは白い鍵盤同士、すなわち隣り合っている鍵盤同士の間の音が半音に当たります。

「ドレミ」や「CDE」表記では半音高い黒鍵を「#(シャープ)」、半音低い黒鍵を「♭(フラット)」と表現します。
したがって、ドとレ(CとD)の間の黒鍵の音をド#(C#)またはレ♭(D♭)と言います。

そしてここで重要なのが、白鍵と黒鍵全て並べると、「CC#DD#EFF#GG#AA#B」となっており、EとF、BとCの間には黒鍵、すなわち#にあたるようなものが存在しないことです。
ただし注意しなければならないのは、EとF、BとCの間には黒鍵は存在しませんが、あくまで半音であるということです。

これは次項以降のポイントになってきます。

音程(インターバル)

キーを理解するために必須の概念として音程(英語ではインターバル)というものがあります。

音程くらい知ってるよ!とまた怒られてしまいそうですが、音楽用語としての「音程」は私たちが普段使う「音程」とは少々意味が異なっているようです。

我々はカラオケなんかで、音を外してしまうと「音程とれないなぁ」なんて言ったりします。

しかし、音楽用語での「音程」は、「二つの音の高さの隔たり」を指します。

そして、全く同じ音同士の音程を1度、半音一つ開いた音との音程を短2度、半音二つ開いた音との音程を長2度という風に呼んでいきます。
同じ音同士が0度ではなくて1度であることに違和感があるかもしれませんが、どうやらそういうものみたいです笑

スケール(音階)とキー

ンターバルを使用して見つかる音の組み合わせを低い方から階段順に並べたものをスケール(音階)と呼びます。また、この音の組み合わせ自体をキーと言います。

具体的にどういう事かと言うと、逆説的な説明にはなってしまいますが、下の画像のように適当に音を押さえたとします。

この時、Cを主音(スケールのスタート地点となる音)とし、インターバルは全音・半音・全音・全音・全音・半音となっています。
したがって、この音の組み合わせをCを主音として「全音・半音・全音・全音・全音・半音・全音」のインターバルで見つかるスケールと言います。

しかしこのスケール、私たちの耳に美しく聞こえるにはどんな組み合わせでも良いというわけではないのです。
人類が長い時間をかけて研究や発見を重ねてきた結果、気持ちのいいスケールというものがいくつか見い出されてきました。

その代表的なものがメジャースケールとマイナースケールと呼ばれるもので、これを和名では長調と短調と言います。

メジャースケール(長調)は、「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」のインターバルで見つかるスケールで、Cを主音とする場合以下のようになります。

そして、この「CDEFGABC」のスケールを、C(ハ)を主音とするメジャースケール(長調)であるので、Cメジャー(表記は単にCとすることが多い)やハ長調のスケールと呼ぶのです。

インターバルさえ理解していれば、主音が変わってもスケールを導き出すことができます。
例えば、DメジャースケールはDから「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」のインターバルで音を特定していけば良いので、「DEF#GABC#D」となるわけです。

一方で、マイナースケール(短調)は、「全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音」のインターバルで見つかるスケールで、Cを主音とする場合以下のようになります。

そして、この「CDD#FGG#A#C」のスケールを、C(ハ)を主音とするマイナースケール(短調)であるので、Cマイナー(表記はCmとすることが多い)やハ短調のスケールと呼ぶのです。

こちらもメジャースケール同様、各音を主音とするスケールを導き出すことができます。
例えば、Aマイナースケールであれば、「ABCDEEFGA」となります。

・・・Aマイナースケールを見て何か気付くことは有りませんか?

そうです。順番こそ違えど、構成音がCメジャースケールと同じなのです。

このように、構成音は同じだが異なるスケール同士の関係を「平行調」と言います。
全てのメジャースケールで、2つ前の音から並べると3度下のキーのナチュラルマイナースケールになるのです。
平行調は構成音が同じなので、雰囲気が大きく変わることは有りません。

逆に、CメジャースケールとCマイナースケールのように、構成音は異なるが主音が同じスケール同士の関係を同主調と言います。
同主調は構成音が異なるため、雰囲気が大きく変わってきます。

楽曲におけるスケール(キー)

では具体的に、楽曲の中でスケールはどのような役割を果たすのでしょうか。
C(メジャー)スケールで作られた楽曲をC(メジャー)キーの曲と言ったりします。

Cキーの曲では、曲中に使われるコードは基本的にはCスケールの中に存在する音を構成音とするものに限られ、メロディに使う音もCスケール内の音が中心になります。
もちろん、あえて不安定感や違和感を生み出すために例外を用いることも多々あるようですが。

したがって、楽曲のキーが決まってしまえば楽曲の雰囲気がある程度決まってしまうといっても過言ではないほど、キーは重要な役割を果たすわけですね。

「長調の曲を短調にしてみたらめっちゃ暗くなった!www」みたいな動画をどこかで見たことがあるかもしれません。

こんな感じのやつです。

これも同じような仕組みとなっているわけです。

例えば、Cキーの曲を短調化、すなわちCmキーにするには、CスケールCmスケールで異なる音に注目します。3番目の音を「E」から「D#」に、6番目の音を「A」から「G#」に、7番目の音を「B」から「A#」に置き換えて、コードやメロディを書き直せばよいという寸法です。

最後に

最後までお読みいただいてありがとうございます。

どうでしょうか?キーやスケール、ハ長調といった言葉の意味を理解していただくことはできたでしょうか?

スケールにはメジャースケールやマイナースケールの他にもたくさん種類があります。
また、スケールが分かってくるとコードやコード進行の話にもつながってきます。

音楽の世界は実に奥が深そうです。筆者もこれからもっと勉強していきたいと思っています。

最後になりますが、音楽理論を非常に分かりやすく説明してくれているユーチューブの再生リストを紹介しておきます。
「OzaShin Music Channel」という方が、作成している動画で非常に分かりやすく、本記事の参考にもなっていますので、興味ある方はぜひ見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました