【至福の時間へ】豆からコーヒーを淹れるための道具の準備

お役立ち

コーヒーって美味しいですよね。現代社会の欠かせないおともになったコーヒー。

コーヒーが好きで自宅で豆からコーヒーを淹れてみたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか?
だけど揃えるもの良く分からないし、めんどくさいという方もいると思います笑

そんな方向けに、ここ1年間位2日に1回のペースで豆からコーヒーを淹れている筆者が、豆からコーヒーを淹れるために必要な準備の基本的な部分を簡単に紹介していきたいと思います!

淹れ方にも、ハンドドリップ、フレンチプレス、サイフォンなど様々なタイプがあるのですが、全てを対象に紹介していては話が長くなってしまうので、今回は一番王道で手の付けやすいハンドドリップで淹れることを前提に紹介したと思います。

ミル

ミルは豆を粉に粉砕するための道具で、肝心要の主役ですね。

ミル選びには主に次の2つのことを基準にすると良いと思います。
①電動か手動か ②大きさ

電動か手動か

コーヒーミルには大きく分けて電動式のものと手動のものがあります。

こちらは電動のものです。
電動のメリットは想像に容易いと思いますが、早く楽に豆が挽けるという点です。また、ある程度質のいいものを選べば、粒の大きさを均一にしやすいです。ただし、経験上電動でも安価なものでは逆に均一にならないこともあるので、注意が必要です。
一方でデメリットは、電源のある場所でしか使えないこと、動作音が大きいということです。

価格帯としては、据え置き型でなければ2000~5000円くらいが主流です。

こちらは手動のもので、筆者が使っているものになります。
手動のメリットとデメリットは電動の裏返しなのですが、どこでも使用でき音も比較的小さい一方、少々時間と手間がかかるという特徴があります。
また、独自のメリットとして、挽く際に熱が生じにくいので、豆の味が保たれるということもあります。(マニアックですが...)

価格帯は1500~6000円くらいが主流で、電動よりやや幅が広い気がします。

結局のところ電動と手動どちらがいいのか。これは人それぞれというところだと思います。というのも、ミルによる味の違いは確かにあるのですが、正直最初のうちはそこまで気にならないと思うからです。
時短したい人は電動、自分でゴリゴリするのを楽しみたい人は手動というくらいの感覚で良いと思います。

大きさ

ここで言う大きさとは豆を入れる部分の大きさのことです。
一回に入る豆の量は小さいものでコーヒー一杯半分くらいから、大きいもので7杯くらいまでと多様です。
これは用途に応じて決めると良いかなと思います。一回である程度の量のコーヒーを入れたい場合、小さなミルだと煩わしくなってしまうと思います。

コーヒー機器メーカーには、カリタとメリタ、ハリオという三大有名メーカーがあります。どのミルを選んだらいいかわからないという方は、この3メーカーのものを選べばそこまでのはずれはないかなと思います。

また、以下のサイトにミルに関するかなりオタクな(褒めてます)記事があったので紹介しておきます。もっと詳しく知りたい人はこちらも見てみてください。
「家電批評モノマニア」

コーヒーメジャースプーン

コーヒーメジャースプーンは、その名の通りコーヒー豆や粉を量りとるためのものです。

写真は筆者が使用している一番安く買えるくらいのごくシンプルなものです。
メジャースプーンは量りとれさえすればいいので、価格やデザインだけで決めてしまっても良いと思います。

ただしメーカーによって大きさが若干異なるので、自分のメジャースプーンはどのくらいすくった時にどのくらいの重さなのかを把握するために、最初ははかりで調べておくとよいでしょう。
なお、コーヒー一杯に使うコーヒー豆の量は、淹れる量や挽き具合、豆の種類などで変わってはきますが、10g前後が目安です。

ドリッパー

ドリッパーはフィルターをセッティングして粉を入れる器具で、キーパーソンの一つです。ドリッパーにも様々な種類があり、その違いは主に以下の3点によって特徴づけられます。
①形状 ②穴の数 ③リブの形

形状

ドリッパーの形には台形型と円錐型があります。

台形型では、穴が小さくお湯はけが悪いため、一度ドリッパー内に湯だまりができることで粉とお湯が接する時間が長くなり、ボディ感(コーヒーの油分やタンパク質などによるコク)が強くなりやすいです。
また、フィルターの入手が容易です。

円錐形では穴が大きくお湯が早く流れるため、コーヒーのクセが少なくバランスの取れた味になりやすいです。
また、フィルターの入手がやや難しいです。

こちらもどちらが良いのかは個人の好み次第でしょう。ただ、こちらも円錐形では自分のお湯の注ぎ方の影響を受けやすいので、若干上級者向けと言われているようです。逆に、自分の技術次第で色々な味が出せるということでもありますが。また、フィルターの入手のしやすさで言うと台形型に軍配が上がります

穴の数

フィルターを通過して出来たコーヒーが通る穴の数に違いがあります。
この穴の数がコーヒーの味に与える影響が最も如実であると思います。

この違いは主に台形型で見られ、穴の数は1つか3つです。
一つ穴だと、コーヒーの落下速度が遅くなってお湯と粉が接する時間が長くなるので、自然と濃くなりやすく、また豆の個性も出やすくなります

三つ穴だと、逆にコーヒーの落下速度が速くなるため、薄くなりやすく、またクセの少ないマイルドな味になりやすいです。

一つ穴と三つ穴どちらがいいのかは個人の好みによるでしょう。ただ、一般的に三つ穴の方が自分が注ぐお湯の速度や注ぎ方などの影響を受けやすいため、若干上級者向けと言われることもあるみたいです。しかし、そこまで気にしなくて大丈夫だと思います。

リブの形

リブとはドリッパーも内側にある溝のことです。形には主に直線のものとらせん状のものがあります。

このリブには、お湯を注いだ際にコーヒーの粉から発生するガスの通り道となる役割や、膨らんだ粉が入りこむ隙間となる役割などを果たすことで、コーヒーの味に影響を与えるという通説がありますが、実はその真偽についてはあいまいな部分が多いようです💦

つまりは、リブの形はあまり気にしなくて良いと思います笑

有名メーカーの4タイプ

ミルの紹介の際にも出てきた3メーカーカリタ、メリタ、ハリオにコーノを加えた4メーカーのドリッパーが良く出回っていると思います。この4メーカーのドリッパーの特徴はこのようになっています。

カリタ:三つ穴、台形、リブ直線

筆者の使用している汚いやつです

メリタ:一つ穴、台形、リブ直線

ハリオ:一つ穴、円錐、リブらせん

コーノ:一つ穴、円錐、リブ直線(下半分のみ)

この4種類を穴の数と形状をヒントにお湯はけの大きさ順に並べるとどうなるでしょうか?

(小)メリタ<カリタ<コーノ<ハリオ(大)

となります。

したがって、メリタでは最もボディ感の強い味となりやすく、また、お湯の注ぎ方に左右されない味となります。
一方で、ハリオではクセの弱いすっきりとした味わいになりやすく、また、お湯の注ぎ方次第で多少味を変えることができます

結論としては、これらのことを参考に選んでいただければと思いますが、個人的には比較的技術に左右されず、フィルターの入手も容易なメリタかカリタをオススメします。

最後にドリッパーに関しても参考になるサイト貼っておきますね。
「THE COFFEESHOP」

フィルター

フィルターを選ぶ際に注意する点は二つだけです!

一つ目は、台形型のドリッパーには台形型のフィルターを、円錐型のドリッパーには円錐型のフィルターを使用することです。

二つ目は、使用するドリッパーに適したサイズのフィルターを選ぶということです。

また、白色の漂白タイプと、画像のような茶色の無漂白タイプのものを見かけると思います。
無漂白タイプは環境にやさしい一方で、人によっては紙臭さがやや気になることもあるようです。ただし、これは微々たるものだと思うので、特に気にせず選んでしまって大丈夫でしょう。

コーヒーサーバー

コーヒーサーバーはドリップされたコーヒーを受け止める容器であり、カップに移す容器です。

こちらも選ぶ基準は二つだけです!

一つ目は材質です。大きく分けてガラス製、ステンレス製、陶器があります。

ガラス製のメリットは、直火やレンジで再加熱ができる製品が多いということです。

ステンレス製のメリットは何といっても保温性が高いことです。魔法瓶みたいになっているということですね。

陶器のメリットはデザイン一本勝負です笑

二つ目は、大きさです。一回に淹れる量に見合った大きさのサーバーを選ぶというのはもちろんなのですが、もっと気をつけてもらいたのが、ドリッパーとの大きさの適合性です。
ドリッパーとの大きさが合わないと、ドリッパーをサーバーの上にのっけた時に噛み合わずに斜めになってしまうことがあるのです。可能であれば、ドリッパーと比べながら購入するのが安全かもしれません。

ドリップポット

お湯を注ぐのなんて電気ポットやティファールみたいな電気ケトルで良いんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、それはあまりお勧めできません。
というのも、一度に注ぐ湯量が多すぎたり、ドリッパーとフィルターの間にお湯が直接しみこんでしまったりすると、濃さの変化や雑味の発生につながってしまうからです。

したがって、専用のドリップポットを使用することをオススメします。
ドリップポットを選ぶ際の基準は次の二つです。

一つ目は、注ぎ口の形です。白鳥の首のような細いタイプと、ペリカンの口のような太いタイプがあります。
細いタイプでは、少量のお湯を一定量で注ぐのが容易なので、最初はこちらが圧倒的に良いと思います!

二つ目は、材質です。主に銅、ホーロー、ステンレスがあります。

銅は熱伝導が良いので、直接温める場合は一番効率が良いですが、お手入れが少々面倒であることや、IHや直火どちらかしか対応していないものがあることがネックです。

ホーローは熱伝導は良くないので直接温める場合には適しませんが、保温性は高いので多くの量を淹れる場合など時間がかかる場合には適しているといえます。

一方でステンレスは銅とホーローの中間的な性質を持っています。

銅はやや高価であることもあり初めてで選ぶのにはあまりオススメしません。したがって、直接温めるのであれば、ステンレス製を、直接温めないのであればホーロー製が良いかなと思います。

ドリップポットに関してもなかなかオタクな(褒めてます)記事があったので紹介しておきます。
「mybest」

まとめ

これであなたも今日から豆からコーヒーを淹れることができますし、QOLが爆上がりすることは間違いないです。

最後にこの記事の内容をまとめておきます。

ミル:電動か手動かを好みで選びます。大きさを用途に応じて決めます。迷ったらカリタ、メリタ、ハリオがオススメです。

コーヒーメジャースプーン:なんでも大丈夫です。ただスプーン一杯が何グラムなのかは把握しておきましょう。

ドリッパー:それぞれ個性があるので、直感で選んでしまっても大丈夫です。個人的には初めてであればカリタかメリタのものがオススメです。

フィルター:ドリッパーの形と大きさに適したものを選びましょう。

コーヒーサーバー:材質は用途や好みに応じて選びましょう。大きさは必ずドリッパーにあったものを選びましょう。

ドリップポット:初めてであれば注ぎ口が細長いものを選びましょう。材質は用途や好み次第ですが、ステンレスかホーローがオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございます。一緒にコーヒーの沼にはまっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました